日本デザイン団体協議会(D-8)The Council of the Design Association of Japan

JDM
これまでの活動

D-8フォーラム[2007]
設立準備委員会発足以来約2年の活動の節目として、私たちの生活文化と産業と共に歩んできた日本のデザインを、過去から現在、未来への資源として継承・発 展の場とするジャパン・デザイン・ミュージアムの実現に向けて、デザイナーはもとより広く関係分野の方々との情報共有と意見交換を目的に開催。

テーマ:「日本のデザイン・ミュージアムを考える」
日 時:2007年9月22日
講 師:藤田治彦氏(大阪大学大学院教授)
荒川 潤氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社主任研究員)
勝尾岳彦氏(「日経デザイン」編集長)
暮沢剛巳氏(建築評論家)
橋本優子氏(宇都宮美術館主任学芸員)
深川雅文氏(川崎市市民ミュージアム学芸員)
山内 勉氏(D-8JDM設立準備委員会委員長/JIDA))

※当日のサマリーは こちら からダウンロードいただけます。

「デザイン・ミュージアム・カフェ」[2007-2009]
海外では実現されながら、わが国では未だ創設されていないデザイン・ミュージアムの意義、そして美術よりも歴史的に新しく、より日常的なモノの美的価値や情報伝達のあり方が「ミュージアム」という旧来の制度とがいかに交差しうるかを共に考えることを目的に「デザイン・ミュージアム・カフェ」を開催し、世界のミュージアム、特にデザイン・ミュージアムに詳しい研究者・ミュージアム関係者や、文化人・デザイン関係者など多様な人々の参加を求めた。
共催:日本学術振興会・人文・社会科学振興プロジェクト「芸術とコミュニケーションに関する実践的研究」
 

●第1回
 テーマ: 「ロンドンのジェフリー・ミュージアム」
 日時:2007年10月20日
 講師:柏木 博氏(武蔵野美術大学教授)

●第2回
テーマ: 「フィンランドのデザイン・ミュージアム」
日時:2008年1月12日
講師:橋本優子氏(宇都宮美術館主任学芸員)

●第3回
 テーマ: 「ハンガリーの国立応用美術館」
 日時: 2008年3月8日
 講師: 井口壽乃氏(埼玉大学教授)

●第4回
 テーマ: ベルリンの工芸博物館」
 日時:2008年6月21日
 会場:大阪市立東洋陶磁美術館
 講師:池田祐子氏(京都国立近代美術館主任研究員)

●第5回
 テーマ: 「ニューヨークのアート&デザイン・ミュージアム」
 日時:2008年11月1日
 講師:関島寿子氏(かご作家、多摩美術大学客員教授)

● 第6回
 テーマ: 「パリの装飾美術館」
 日時: 2009年2月22日
 講師: 樋田豊郎氏(秋田公立美術工芸短期大学学長)


展覧会
「DESIGN ふたつの時代[60s vs 00s]ジャパン デザイン ミュージアム構想」[2010-2011]

DESIGN ふたつの時代
全体を括る大きなテーマとして、「戦後日本のデザインは、どのように成立し、どこへと向かうのか?」が前提としてある。このことを、日本のデザイン史の大きな「成長期」「変革期」に相当する「1960年代」「2000年代」に絞り、「作り手」自身が徹底的に精選した8つの領域(ディスプレイ、グラフィック、クラフト、インテリア、インダストリアル、ジュエリー、パッケージ、サイン)の作品から再考した展覧会を開催した。


●展覧会
 会期:2010年9月17日(金)~28日(火)
 会場:ミキモトホール
 ※「ジャパン デザイン ミュージアム構想」の各種資料は、以下よりダウンロードいただけます。
 ・プレスリリース[2010/08/20]
 ・展示作品リスト[2010/09/03]
 ・展覧会パンフレット[2010/09 /17]
 

●フォーラム・ワークショップ
 第1回フォーラム
 テーマ:「日本のデザイン:60年代と現在 ~そのふたつの時代からみえること~」
 日時:2010年3月22日
 講師:樺山紘一氏(印刷博物館館長)
    柏木 博氏(武蔵野美術大学教授)
    橋本優子氏(宇都宮美術館主任学芸員)ほか
 ※当日のプログラムは、こちら からダウンロードいただけます。

 
第2回フォーラム
 テーマ:「激論! わたしのデザインミュージアム構想」
 日 時:2010年6月26日
 スピーカー:橋本優子氏(宇都宮美術館主任学芸員)
       天野幾雄氏(JAGDA)、稲垣博氏・洪恒夫氏(DDA)、大場よう子氏(JJDA)、
       加藤芳夫氏(JPDA)、木村一男氏(JIDA)、清水忠男氏(JID)、
       杉谷進氏(SDA)、西川雅典氏(JCDA)
 ※当日のプログラムは、こちら からダウンロードいただけます。

 第3回フォーラム
 テーマ:「日本のデザインを60年代と現在、そのふたつの時代から考える、
     ジャパン デザイン ミュージアム構想」
 日時:2010年9月17日
 講師:柏木 博氏(武蔵野美術大学教授)、橋本優子氏(宇都宮美術館主任学芸員)
    秋元 淳氏(日本産業デザイン振興会 グッドデザイン賞事務局)、浅香 嵩氏(JIDA理事長)
    勝井三雄氏(JAGDA会長)、宮沢 功氏(SDA常任理事)
 ※当日のプログラムは、こちら からダウンロードいただけます。

 ワークショップ
 テーマ:「デザインウォーキング・IN・GINZA」
     ー銀座で[60s vs 00s]というふたつの時代のDESIGNを体感するー
 日時:2010年9月21日
 会場:銀座界隈
 講師:橋本優子氏(宇都宮美術館主任学芸員)、
    岡本哲志氏(法政大学サスティナビリティ研究教育機関研究員/銀座研究家)
 ※当日のプログラムは、こちら からダウンロードいただけます。

 

●書籍
 タイトル:『DESIGN ふたつの時代[60s vs 00s]ジャパン デザイン ミュージアム構想』
 発行日:2011年9月29日
 体裁:B5判変型(H245mm×W182mm)160ページ[カラー144ページ/モノクロ16ページ]
 定価:2,625円(税込)
  DESIGN ふたつの時代
 ※特別価格2,400円(税込/送料無料、限定販売のため、数量に限りがあります)でご購入頂けます。
  こちら の申込み用紙よりFAXまたはEメールでお申し込みください。〈残りあとわずか〉


現在の活動