日本デザイン団体協議会(D-8)The Council of the Design Association of Japan

D-8創作証について


◆ D-8 創作証制度が運用中です

デザイン保護研究会で検討を進めてきた、創作保全の運動としての「D-8 創作証制度」の運用が、2012年より8団体の認証のもとに、各協会毎に検討され実施されています。


◆ デザインには知的財産権があることの共通認識を広めていく運動です

日本デザイン団体協議会(D-8)のワーキンググループである「D-8デザイン保護研究会」で、検討・協議を進めてきました《デザインには知的財産権が有ることの共通認識を広めていく運動》を通して創作者と創作物を護ることを目的とした「D-8 創作証制度」が検討されました。現在、8団体の認証のもとに、運用が各協会毎に検討され実施されています。

D-8 創作証マークの貼付は、デザイナーとクライアント、そして社会に向けて、デザインには知的財産権が存在し、「無断での使用、流用をしてはいけない」という意識を共有していけるように、その意思表示をする行為です。創作証の使用者の一人ひとりが自身の責任の基に、この制度を育てていくことになります。結果として創作者だけの利益ではなくクライアントとの良好な関係や社会の中でのデザインの質と地位の向上、産業の発展に繋がり、社会への貢献へと進化していくことを目指しています


◆ D-8 創作証についての詳細

D-8幹事協会であるJPDAサイトで、創作証運用について詳しくご紹介しています。
創作証運用について(JPDAサイト)


研究会の活動 D-8創作証規約